【オタクのための就活講座】それでも「好き」を仕事にしたいときの研究法!

しごとの道しるべ編集部 すのこです。

本コラムでは基本「好きなことを仕事にする」は勧めてきませんでした。しかし、やっぱり仕事にしたいという憧れもありますね。ゲームに音楽、出版、エンターテインメント業界などは就活生憧れの的です。

今ならその世界に飛び込んでいけるチャンスがあるかも、と。
若い情熱は止めることができない。ならば、本気でやってみよう。
そんなあなたへの、直球正論、お届けします。

1.志望動機はファンレターではない
2.好きなことこそネガティブに考えてみる~職種編
3.好きなことこそネガティブに考えてみる~企業・業界編
4.まとめ

1.志望動機はファンレターではない

「自分は幼いころからゲームが大好きだったので、御社を希望しています。ゲームは人を楽しませ、元気にするものなので自分も頑張っていきたいです」

“あるある”志望動機ですが、“落ちる落ちる”志望動機でもあります。
志望動機は、ファンレターではありません。

就職本著者の常見陽平氏は「お菓子会社を『私はお菓子が大好きで』って志望する奴は、ガス会社には『御社のガスは最高です』とでも言うのか」とツッコんでましたが、自分が消費者として好き、ということと、顧客の役に立てる、ということは直結してません。

では、好きな思いを熱く伝えるのでなければ、どうしていったらよいのでしょう?

2.好きなことこそネガティブに考えてみる~職種編

その会社に入ったら、やりたい部署とか配属されたい担当とか、なんとなく考えながら応募を検討していると思います。
「商品企画」とか「編集者」とか「キャラクターデザイナー」とか。

さて、お聞きしますが、
その仕事、なにがつらくて大変そう?

いや、ゲームをリリースした時とか編集した本が重版出来した時の達成感ややりがいとかも、そりゃあるだろうさ。
でもさ、「つらくて大変」も確実にあるわけよ。

その仕事のつらさ・大変さはなにかをしっかり調べていくこと、これがまず必要な職種研究です。

企業パンフレットや求人ページ、企業説明会でも最も注意して読み解いていくべきはそこです。「大変なこともいろいろありますが~」とさらっと書いてある、そこ、具体的にはなんでしょう?

そのさらに詳しく知るべき研究方法として、OB・OG訪問があり、各種関連本があるわけですよ。人気業界の厳しい競争を勝ち抜いて採用されたいなら、インターネット頼みにしていないで、そこを一歩踏み込みましょう。

3.好きなことこそネガティブに考えてみる~企業・業界編

業界景気はどうだろうね?
その会社、ちゃんと儲かってる?

「ええ~、大きな会社だから儲かってるんじゃないですか~」と思うアナタ。おススメサイトは Ullet(http://www.ullet.com/)

ここで業界を代表する最大手を見てみましょう。

これは、株式投資家向けに会社が正式発表している資料をまとめたサイトなので、ネットの根も葉もないうわさ話とはわけが違います。

悪口じゃなくて、事実です。
どの会社も、「楽でたのしく」なんてなく、ただただ必死。

Ulletに載っているような最大手ですら売上低下や赤字の危機があるなら、中小・新興企業も同じような、もしかしたらさらなる大変さ・必死さでやっているのだと想像できますね。

これをみて「そんな不安定ならやめよう」と思うか「来年は黒字になるように、自分も一緒になってがんばります」かは大きな違い!

4、まとめ

最後に硬く語りますと、企業分析では「SWOT分析」というフレームワークがよく使われます。

強み:目標達成に貢献する組織(個人)の特質
弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質
機会:目標達成に貢献する外部の特質
脅威:目標達成の障害となる外部の特質

今回のコラムではこのうちの「弱み」「脅威」をしっかり見ろ、という話。

当サイトの記事「【志望動機】企業を褒めるのはNG 徹底的に同業他社と比較すべし!」で言われているのは、SWOTの枠組みを同業他社複数に当てはめて比較検討せよ、という話です。

「好きなことなら、いかなる苦労も受け止め、乗り越えてやる!」

という熱い情熱がある人は、まずは企業研究を綿密にする努力から始めてみてはどうでしょう?

【オタクのための就活講座】一覧はこちらから
#1 「オタクを活かす就活!自己PRの書き方」
#2 「これだけでOK!オタク就活生最低限のファッションとは?」
#3 「嵐に学ぶ!個性の自己分析と表現術」
#4   「推しが尊すぎる…!この情熱を活かした面接術」
#5   「オタク歓迎・オタ活両立の会社とは?」 
#6 「オタクは急に黙れない!「趣味はなんですか」の話しすぎない答え方」
#7 「沼にはまろう!好きになっちゃう力を活かす企業選び!」
#8 「王子様オーラの秘密!就活生もマネできる○○とは!?」
#9 「オタクにコミュニケーションは難しい?」
#10 「大事なのは『ムダな努力をいかにしないか』」
#11 「企業選びも《二次創作》で考えよう!」
#12 「自慢話が苦手なオタクのための便利フレーズ!①」
#13 「自慢話が苦手なオタクのための便利フレーズ!②」

会員登録はこちらから
マイページ(動画の視聴)はこちらから

書いた人:しごとの道しるべ 編集部メンバー すのこ
キャリア支援歴13年(CDA/キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。普段は行政機関や大学で相談や講座をやってます。アニメ好きな夫と二人暮らしのアラフォー。ジャニオタ歴8年。

KEYWORD