【オタクのための就活講座】自慢話が苦手なオタクのための便利フレーズ!②

しごとの道しるべ編集部 すのこ です。

相談や講座でオタクな人とお会いすると、とてもホッとします。

そういった方たちは、決してこちらにいばってきたり、講座を妨害してくることがないからです。自分の大切な世界を尊重してほしい、踏み込まないでほしい、それを願っている謙虚で善良な人たちです。

なのに!就活ときたら、ガシガシこちらの内面に踏み込むようなことを聞いてきて、とても落ち着かない気持ちになります。

自分の強みだのやってきたことだの、そんな自分の売り込みはオタク気質に反します。

そういった方たちのための、自慢話が苦手なオタクのための便利フレーズ!
第二弾です。

1.わかりやすさへの近道「数値で表す」
2.便利フレーズ「向上しました」「努めました」
3.すごいかどうかは、相手に任せろ
4.まとめ

1.わかりやすさへの近道「数値で表す」

就活テクニックでもよく言われる、「数値で表す」。これは「何が、どのくらい」が分かりやすく伝えることができる便利手法です。

「私はイラストを描くことに打ち込んできました。SNSサイトにイラストをたくさんアップしました」

これを数字をいれて表現すると、「1日何時間くらいイラストを描いたのか?」「何枚くらい?」が数値化できますね。

「私はイラストを描くことに打ち込み、週20時間は作成に費やしました。SNSサイトにイラストを100枚以上アップしました」

「覚えてないよ~」「数えてないよ~」という方、これを機に数えてみましょう。「50枚以上」「20作程度」というおおまか数値でもよいです。

ちなみに筆者、ジャニーズのファンクラブ6つ入っています。

2、便利フレーズ「向上しました」「努めました」

このフレーズの意味するところは

向上しました→前よりはマシになりました。他人より優れてるかどうかはともかく。

努めました→頑張ったことまでは本当です。できるようになったかはともかく。

例文【学生時代頑張ったこと】
初めての一人暮らしで、自立心が向上しました。親がやってくれて当たり前と思っていたことも全部自分でやることになり、最初は大変でしたが、料理もゴミ捨ても、やればできるようになる喜びがありました。お金の節約のためにも週4日は自炊するようにし、食費を月3万円以内収めるよう努めました。社会人になっても、自分で工夫する・努力する習慣を忘れずに働きたいと思っています。

それで採用基準に至るかどうかは、もう採用者に判断してもらっちゃってください。

「英語学習でTOEICが500点→600点に向上しました」とアピールして、「コツコツ努力できる資質はいいね!」と思う企業もあれば「600点じゃ採用基準に足りません」という企業もあるのです。

猛勉強力や不屈の精神力が要求される仕事も当然ありますが、「じゃあ自分はそんな会社に入りたいの?」っていうと、そうではないでしょう。

全ての人に認められるのは無理な話。

あなたなりの誠実な言葉を尽くして、自分を歓迎してくれる会社と出会いましょう。

3、すごいかどうかは、相手にまかせろ

こういったアドバイスをすると「ええ~、だってそんなすごくないですし…」という謙虚な反論が返ってくることがあります。謙虚なのはすばらしい!

でもさらに謙虚さをお願いするとしたら、「すごい、って思われたい願望を捨てろ」です。「すごい」競争に巻き込まれたら、きりがないです。世の中には上には上がいて、「誰よりもすごい人」になろうと思ったら、絶対にかないません。

それよりも目指したいのは「わかりやすい」「具体的な場面が想像しやすい」

期待したい返答は「すごいですね!」ではなく「あーなるほどー(想像できた)」です。

そうなれば、あなたの面接スキルはまた一歩前進です。

4、まとめ

自慢話もしないし、謙虚で素直なオタクさんたちは、非常に愛すべきものです。

そんなオタクさんたちに、お願いしたいのが「わかりやすく、相手がイメージできるように伝える」ということ。
便利フレーズは、そんなオタクな皆さんの本音をカモフラージュしながら、伝えられるようにするもの。

数値や便利フレーズを活用しながら、謙虚に、誠実に伝えていきましょう!

【オタクのための就活講座】一覧はこちらから
#1 「オタクを活かす就活!自己PRの書き方」
#2 「これだけでOK!オタク就活生最低限のファッションとは?」
#3 「嵐に学ぶ!個性の自己分析と表現術」
#4   「推しが尊すぎる…!この情熱を活かした面接術」
#5   「オタク歓迎・オタ活両立の会社とは?」 
#6 「オタクは急に黙れない!「趣味はなんですか」の話しすぎない答え方」
#7 「沼にはまろう!好きになっちゃう力を活かす企業選び!」
#8 「王子様オーラの秘密!就活生もマネできる○○とは!?」
#9 「オタクにコミュニケーションは難しい?」
#10 「大事なのは『ムダな努力をいかにしないか』」
#11 「企業選びも《二次創作》で考えよう!」
#12 「自慢話が苦手なオタクのための便利フレーズ!①」

会員登録はこちらから
マイページ(動画の視聴)はこちらから

書いた人:しごとの道しるべ 編集部メンバー すのこhttps://4510.jp/column/otakatsu_phrase1/
キャリア支援歴13年(CDA/キャリア・デベロップメント・アドバイザー)。普段は行政機関や大学で相談や講座をやってます。アニメ好きな夫と二人暮らしのアラフォー。ジャニオタ歴8年。

KEYWORD

自己分析から面接対策、業界研究まで。就活の悩みを解消するコンテンツが盛りだくさん。
会員登録で、すべての動画の視聴や各種イベントへの参加が可能になります。