「主体性」と「人と向き合う」姿勢が、高い技術力を育てる

  • 求人
企業名:株式会社ディマージシェア
対象:2020年卒

編集部の「ここだけは知ってほしい!」

 

・独立系で「一次請け専門」。高い技術力が生み出す企業の信頼
・新卒から開発リーダー!?「経験<主体性」の人材育成
・「技術は手段」。人とビジネスに誠実に対峙し続ける技術者集団

独立系でも「一次請け専門」を実現。
顧客から寄せられる、技術への高い信頼

 

IT業界は、特に1990年代から、インターネット、クラウド、AI、IoTなど、次々に生まれる新技術とともに、日々飛躍的な変化を遂げています。

そんな業界において、1999年、インターネットが普及し始めたばかりのこの頃に、今日の「デジタル化」の波を予見し、ITのもたらす恩恵を社会に還元すべく、立ち上がった会社が、今回取材した「株式会社ディマージシェア」です。

 

 

 

場所は、飯田橋駅と九段下駅を結ぶ目白通りの中ほど。
ビルの6階のワンフロアに、70名を超える社員の顔が見えるオープンなデスクスペースと5つの会議室、それに色とりどりのクッションの置かれたカフェスペースやバーカウンターが併設されている、非常にユニークなオフィスです。

 

 

現在ディマージシェアでは、システムの開発・運用を手掛ける「システムソリューション事業」と、広告配信システムを主力に自社製品の開発や導入支援を行う「デジタルクラウド事業」の2事業を展開。企業の経営課題解決・収益増加を支援する「パートナー」として、顧客のIT企画からシステム設計・開発、広告戦略の最適化、新事業開発などをサポートしています。

 

そんなディマージシェアの最大の特徴ともいえるのが、「独立系」、さらには『一次請け専門』という方針なのですが、少し難しいので、人事担当の川目さんに、詳しく解説していただきました。

 

 

「弊社の属する「独立系」は、大手企業に比べると営業力が劣ることが多く、業務としては、大手が取ってきた案件の「作業員」として、下流工程を担当すること(二、三次請け)がほとんどです。

 

でもこのような案件は、納期や予算の決定権が自社になく、現場のエンジニアが疲弊してしまう可能性があります。何より、お客さんに直接僕らの提案やアイデアを届けることができません。

 

一方弊社は、「デジタル技術がもたらす豊かさのイメージを、社会にシェアしたい」という思いと、「エンジニアが生き生きと働ける会社をつくりたい」という思いから設立されました。この理念の実現のためには、多重請負を避け、お客様と直接話せる「一次請け」にこだわることが必須と考えたんです。」

 

 

なるほど。でもなぜディマージシェアは、「一次請け専門」が実現できているのでしょうか。

 

「理由の一つとしては、『高い技術力』があると思っています。

 

例えば、弊社の主力製品に「admage(アドマージ)」という広告配信システムがあります。これは、広告の配信から、その掲載内容や配信先の一元管理ができるほか、そのレポート機能までが搭載されています。一製品に、これだけ多様な機能をまとめられる企業は、他にはあまりありません

 

さらに弊社では、クラウド製品でありながら、ご要望があれば、カスタマイズにも柔軟に対応しています。これも、技術力の高さが根底になければ成しえないことです。

 

このような技術力や、親身な姿勢に信頼をいただいているため、実はこの製品は「総合広告配信システム」というジャンルで、現在トップシェアを誇っています

さらに言うと、弊社では営業担当が2名のみで、基本的にはお問い合わせやご紹介のようなインバウンドで拡大を続けています。」

 

高い技術力によって、日頃からお客様の信頼を獲得しているからこそ、インバウンド中心の一次請け案件だけで、事業の拡大が実現できているんですね。

 

そんなディマージシェアの高い技術力は、どこから培われているものなのでしょうか。

実際に働いている社員の方へのインタビューを通して、もう少し探っていきたいと思います。

公式サイトはこちらから

経験<やる気・主体性。
個を伸ばすディマージ流の人材育成

 

伊藤さんは今年、新卒・未経験でディマージシェアに入社。もともと薬学専攻とのことですが、入社のきっかけは何だったのでしょうか。

 

 

「IT企業は、就活の際、相談していたエージェントの方が、僕の粘り強さと協調性を見て、エンジニアとしての適性があると気づかせてくれたことと、IT業界のスピードの速さに魅力を感じ、関心を持つようになりました。

 

その中でも特に、ディマージシェアの面接は、他の企業と異なり、形式的な一問一答はなく、自分の深いところまで掘り下げて聞いてくれたことが非常に印象的でした。また、僕は「お客さんの期待に応えたい」という気持ちと、「現状に満足せず、成長し続けたい」という向上心が強かったので、弊社の「一次請け以外受託しない」という方針に魅力を感じ、入社を決意しました。」

 

とは言え、初めてのIT系。入社前後、不安やギャップはなかったのでしょうか。

 

「不安が全くなかったわけではありませんが、入社後の研修や実際の業務を経て、入社前の期待通り、「お客さんの期待に応える」・「成長する」ということが実現できる現場だと感じたので、不安はすぐに日々のやりがいに変わっていきました。」

 

 

入社後の研修や配属は、具体的にどのように行われるのでしょうか。

 

「3週間のビジネスマナー・マインドの研修の後、約2か月間の技術研修があります。面白いのが、弊社の研修は「早抜け制」ということです。課題が与えられて、それを早く終わらせた人から研修が終了し、順次業務にアサインされていきます。頑張れば頑張るほど、早く現場に出られるということで、良い意味で同期との競争環境がありました。

 

その後のアサイン先決定の際も、僕は英語を活かした仕事がしたかったので、オフショア開発(ベトナム拠点との共同開発)をやりたい、と言ったら、本当に英語を使える案件にアサインしていただけました。

 

他にも伊藤さんの同期の方は、それぞれの関心のもと、スマホアプリの開発案件や、広告配信システムの開発案件、要件定義などの上流工程の案件など、多様な現場で活躍されているようです。

 

新卒・未経験でも、主体性を尊重し、可能性を制限しないディマージシェアのこの方針は、まさに「成長」を目指す人にはうってつけの環境と言えそうです。

「お客さんと直接話せる」からこそ、生まれる意欲がある

 

現在のお仕事では、具体的にどのような業務をしているのでしょうか。

 

「主な業務は、お客様の要望を聞き出し、それをベトナム拠点で開発するための橋渡し役です。

基本的には、週一の定例会に向けて、スタッフと開発状況の確認をしたり、お客様と打ち合わせをしたり、お客様と開発現場間の調整などを行っています。

 

他にはシステムの画面設計や機能の考案も担当し、自分が設計した画面で、すでに実際に製品になったものもあります

もちろん上司の全面的なバックアップはありますが、僕が希望している開発リーダーのようなポジションが、少しずつ近づいてきた気がします。」

 

 

1年目からご自身の意志で海外拠点と関わったり、設計に携わることができるのはすごいですね。

仕事の中で一番やりがいを感じるのは、どんな時ですか。

 

「特に、自分自身が関わったシステムに対してのお客様の反応を見る時が、一番やりがいを感じます。

 

一度、完成したシステムの説明を、自分一人で担当したことがありました。10分ほどで終了する予定でしたが、お客様が非常に熱心に聞いてくださったため、結局1時間ほどのお話になりました。その日は上司も同行していたのですが、説明の間は僕の独壇場というか、プレゼンのような感じでした。さらに、自分が作成した操作マニュアルを「きれいでわかりやすかった」と言っていただけたのは、今でも嬉しく思います。お客様の反応を一身に受けたあの件は、今思い出しても、非常に感慨深いものがあります。

 

今後、システムが完成したら、システムを実際に使用されるお客様にも使い方を説明する機会があるのですが、そういった、直接お客様とやり取りできる時間というのは、とても楽しみですね。」

 

 

お客様と会うのが「楽しみ」という発言は、なかなか印象的です。

今後は、どのようなことを目標としていきますか。

 

「今また別のプロジェクトが始動しているのですが、ここまででシステム開発にかかわる業務の一連の流れは経験することができたので、今後はできるだけ、自ら行動していける部分を増やしていきたいと思っています。

そのために、前回気づいた反省点を落とさずクリアしていくこと、全体の進行がスムーズにいくように視野を広く持つこと、そしてオフショア開発の発展という、会社規模での視点も考慮した行動をとることを意識しています。

 

同時に、これまではべトナム拠点との橋渡し役がメインで、自ら手を動かして開発することは少なかったですが、技術的な側面のスキルアップもしたいと考えているので、コツコツとIPA*の試験対策や新しい言語の勉強なども行っています。」

*IPA:情報処理推進機構。システム開発等に関する資格試験を複数運営しています。

伊藤さんの努力の根源にあるのは、伊藤さんがもともと持つ高い向上心はもちろんのこと、一次請けだからこそ受け取れるお客様の反応が、伊藤さんのモチベーションに大きく寄与している部分もあるかもしれないと感じました。

 

ディマージシェアの高い技術力は、「一次請け」という企業の方針と、社員の主体性、そして人材に対する独自の姿勢が相互作用を起こし、今も加速度的に成長を遂げているのかもしれません。

「自ら動き、人と向き合う技術者たれ」

 

伊藤さんの話を聞いていると、ディマージシェアは、社員の「主体性」を非常に重視している社風があると感じます。会社の採用方針としても、「主体性」は重要なポイントなのでしょうか。再度、川目さんにお伺いしました。

 

「むしろ、「主体性」は最も重視している点です。

ご説明の通り、弊社はSIer(システムの開発から運用まで一手に担当する業務形態)として、高い技術力を以てお客様から信頼をいただいている会社です。

単なる「作業員」にならず、高いスキルを身に着けるためにも、「自ら」という姿勢は必須です。

 

さらに、実は弊社には、広いキャリアパスを確保するため、「ビジネス&インテグレーション」という組織があります。新卒は全員一旦ここに所属し、事業部の垣根を越え、案件ごとにアサインされる仕組みです。これにより、弊社が抱えているすべての案件に携われる一方で、より各々の「意志」が求められることになります。そういった意味でも、入社される方には、「主体性」を期待したいですね。」

 

 

逆に言えば、IT業界への知識がない人でも、「成長したい」「お客様の役に立ちたい」などの意欲があれば、自分のやりたいことが具体化される・成長できる環境がある、ということですね。

 

「そうですね。弊社は10年以上前から継続して、新卒・未経験の採用を行ってきたため、研修制度については体系化されたノウハウがあります。研修段階で社員と話すカリキュラムがありますし、今後はキャリアカウンセリングや、各事業部からのインプットもますます充実する予定です。

 

また実際の業務が始まってからも、社員のほぼすべてがエンジニアなので、相談もしやすく、上下間の壁もありません。主体性と、IT業界で活躍する覚悟があれば、スキルアップは保証できると考えています。」

 

 

「もっと言えば、実は弊社は、システム開発や、それに必要な技術力はあくまで「手段」であって、一番大切なことは、お客様やビジネスに向き合うことだと思っています

 

ですから、高い技術は必要ですが、技術だけを究めたい、という人よりも、お客さんが何を必要としているか、この企業のネックになっているのは何だろう、じゃあどう解決していこうか、ということを考えていきたい人に、ぜひ来ていただきたいですね。」

 

ディマージシェアに入社する人に期待されるレベルは、少し高いかもしれません。でもそれは、経験や技術ではなく、あなたの「こうしたい」「こうなりたい」という「夢」の部分。あなたが覚悟を以て門をたたいてくれれば、ディマージシェアではきっと、あなたを信頼し、広い可能性を提示してくれます。

 

成長したい、人の役に立つ仕事がしたい、と考えている皆さんは、ぜひ一度、ディマージシェアを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

社名 株式会社ディマージシェア
募集する職種 エンジニア
採用対象 2020年3月末までに大学、大学院、短大、高専、専門学校を卒業見込みの方
(全学部、全学科対象)
主な開発環境 開発言語:Java、php5x~7x(Objective-C , Swift , C#)
インフラ:各種クラウド(AWS , Freebit , GMO , SAKURA), CDN
データベース:MySQL , MariaDB(PostgreSQL、Symfoware、Oracle)
OS:CentOS6.x~7.x
ソース管理:gitlab , github
管理ツール:Backlog(Redmine) , Wiki
監視:Nagios , Munin
開発者環境:i7 , Memory16G , SSD+HDD , デュアルディスプレイ(win7 / win10)
福利厚生 ・各種社会保険完備
・資格試験受験料補助制度
・書籍購入補助制度
・育児支援制度
第一子   月額1万円支給
第二子 + 月額1万円支給(合計2万円)
第三子 + 月額2万円支給(合計4万円)
・健康診断/インフルエンザ予防接種
・社員旅行
・クラブ活動
休日休暇 ・完全週休2日制(土・日曜)
・祝日
・年末年始休暇
・有給休暇
・慶弔休暇
・子の看護休暇
・介護休暇
・リフレッシュ休暇
勤続5年毎に連続5日間の休暇+現金1万円×勤続年数の支給
勤務時間 9:00 ~ 18:00(実働8時間)
勤務地 東京本社/東京都千代田区飯田橋1-5-10教販九段ビル6F

JR 中央線、総武線
飯田橋駅 東口から徒歩5分

東京メトロ 東西線、有楽町線、南北線/都営地下鉄 大江戸線
飯田橋駅 A3、A4番出口から徒歩5分

東京メトロ 東西線、半蔵門線/都営地下鉄 新宿線
東京メトロ九段下駅 7番出口から徒歩4分
都営地下鉄九段下駅 3a、3b番出口から徒歩5分

リクルートページはこちら

KEYWORD