建物の「顔」を作り続けて1世紀 タイルのプロフェッショナルを知る

  • インターンシップ
  • NEW
企業名:株式会社日本陶業
対象:2019年卒 2020年卒 既卒

こんな人にインターンシップに来てほしい

    以下の想いをお持ちの方、歓迎します!

  • 街の景観づくりに興味のある方
  • 焼き物が好きな方
  • 大きなものづくりに興味のある方

株式会社日本陶業ってどんな会社?

建築物の「顔」を作る
タイルやレンガを扱う外装工事専門の会社です

日本陶業は1904年の創業以来、110年以上にわたり、建築物の外観を作り続けてきた会社です。東京大学安田講堂や日比谷公会堂などの歴史的建築物から、東京ミッドタウンやKITTE(キッテ)などの話題の建築物を手掛けています。

創業から100年もの間、レンガやタイル等の「焼物」にこだわり、誠実な仕事にこだわり続けることで、大手ゼネコンや建築事務所との信頼関係を構築し、安定した業績を積み重ねてきました。

規模の大小はあれど、どのプロジェクトも手を抜かずに誠実に仕事をするのが、日本陶業の社風。

若手の育成にも誠実で、仕事をただ任せるのではなく、先輩社員や熟練の職人さんなど、みんなで支えあう風土が根付いています。そういった環境の中で、数億円という規模の大きい工事でトラブルがあったとしても、最終的には「日本陶業にまかせてよかった」と、言ってもらえるような仕事ができるのです。

タイルと言えば「日本陶業」と、確固たる地位を築けるよう、更なる発展を目指しています。

公式サイトはこちらから

日本陶業という会社・仕事の特長

みなさんは、「タイル」と聞いて、何を思い浮かべますか?

私がパッと思いついたのは、お風呂の中のタイル。四角いタイルが、規則正しく並んでいる。そんな光景でした。もしかしたら学生の年齢だと、まずその光景を見たことがないかもしれませんが。

日本陶業が扱っているのは、主に建築物の外壁や床の工事。「ただの壁」とか、「ただの床」というくくりで見ていましたが、実はそこにタイルが使われてると聞いたとき、少し驚きました。

言ってしまえば、建築物の「顔」を作っているということ。その建物が、どういう顔になるかは、日本陶業さんにかかっているのです。

そんな外装工事業界で、日本陶業さんは5本の指に入ります。それは、技術と売上に裏打ちされたもの。100年もの間、続けて来られたのは、誠実な仕事ぶりがあったからこそ。今では、スーパーゼネコンと呼ばれる、日本の大手建設会社を取引先とし、安定的な経営をしています。

新しい技術の開発にも積極的。タイルは完成後何年か経つと、かなり低い可能性ですが、落下してしまうこともあり、落ちないように定期的な打診点検も必要です。そういった手間と「落ちない」を実現するために、「カーニバル工法」という、独自の工法を編み出しました。公共施設やショッピングモールなど、より安全性が必要なところに施工されています。

そういった、信頼と技術の結晶は働く人たちの手で産み出されます。社員同士は仲が良く、まじめな人が多い。インターンシップに参加した学生さんからは「適度なゆるさ」と評価されています。学生に適度なゆるさって言われるって、なかなかですよね。

大事なのは、職人さんとのつながり。よく、職人さんって怖そうってイメージがありますが、半分はその通りです(笑)。その怖さは仕事に真剣だからこそ。こちらがしっかりしていれば、怒られることはないですし、むしろ優しい。仕事終わりには、コーヒーを買ってくれたりと半分は優しさで出来ています。ギャップ萌えするかもしれませんね。

これからは、カーニバル工法に次ぐ、新たな技術の開発を目指し、今ある仕事にしっかりと取り組んでいくそう。今は、110年。この調子だと、200年まで行きそうです。


インターンシップ情報

なかなか知ることのできないタイルの世界。インターンシップでは、しっかりとイメージできるまでやっていきます。
タイルの基礎知識から実際の現場見学まで。なんと、タイルを張る作業も体験させてくれるそう。実際にできるって、聞くよりも何倍も理解できますよね。

プログラム

1.「タイルの基礎知識(座学)」
身近な存在でありながらも、あまり気にすることのないタイル。タイルの性能や歴史について、知っていただきます。
2.「現場を見る」
当社の手掛けた物件を、担当者のこだわりや苦労話を交えながら見学します。
施工中の物件を見学し、職人さんたちとの座談会を行います。
3.「タイルの見本張り製作」
施主や設計者の方に、どのようなタイルをどのように貼るかを提案する際の見本製作を体験して頂きます。完成したらコンセプトをプレゼンテーションしてみましょう。

スケジュール

■現場で知る。知られざるタイルの魅力を発見
―場所/株式会社日本陶業
9:00 タイルの基礎知識
10:30 施工中の現場見学
12:00 食事
13:00 完成現場見学
14:30 見本張り製作
17:00 終了

日時 随時(※お問合せください)
給与 無償(交通費・食事代支給)
体験できる仕事 総合職(タイルコーディネーター)の業務内容を通して、ものづくりのやりがいや魅力を体験して頂く研修会です
応募資格 2019年・2020年卒業予定の方、既卒の方
選考方法 先着順
場所 株式会社日本陶業
東京都中央区日本橋箱崎町43-
その他 作業着を貸与します
交通案内
<東京開催>
株式会社東京都中央区日本橋箱崎町43-9

東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」下車徒歩5分

編集部からひとこと
タイル貼りたい!貼りたくないですか?
建物の外壁、服を作り上げる仕事。建築でも見えないところではなく、一番見えるところを担当する仕事です。大事なのは、依頼主や職人とのコミュニケーション。あなたも、200年を目指す、日本陶業の一員になってみてください。
リクナビで応募する

KEYWORD