【業界・職種に悩んでる?】就活失敗した私が振り返る「やりたいこと」の考え方

しごとの道しるべ編集部 ハセガワマチコです。

就活セミナーやイベントで求職中の方と接すると、
不安・悩みを話して頂くことがあります。

中でも何度か遭遇したセリフ→『やりたいことが分からない…』

わかるー!!
過去の私も同じことで悩んでたから、全力で首を縦に振ってしまう!仲間!(><)

そのことを誰に相談したらいいかも分からないし
相談相手がいたとしても、どう伝えたらいいんだろう…
そんな風に思いがちでは?

そのようなアナタと、当時の私に伝えたいのは
やりたい仕事を考えようと思っても、そんなのいきなりは分からない!ということ。
「分からない」こと自体は、悪いことじゃないんです。

 

1、やりたいことがなかった私の過ち
2、「とにかく就活やらなきゃ」がなぜ危険か
3、業職種が絞れていないなら、一度立ち止まって考えてみる
4、筆記用具と紙を用意!「方向性」を可視化しよう
まとめ

1、やりたいことがなかった私の過ち

10年以上前の旧石器時代(!)、私にも就活の時期がありました。

色々あって、自営業の父の仕事を継げないことが確実になった時
ぼんやりとでも描けていた私の未来が、まるっと抜け落ちた。

分からないというか、もう、ない。やりたいこと、なくなった。

それでも奨学金あるし、4月から正社員にならなきゃいけない(という思い込み)。
とにかく就活やって、内定を取らなきゃいけない(という思い込み)。
※誤解のないよう書きますが、就職活動は「やると決められていること」ではありません

大学に就活の相談窓口もあったはずだけど、
なぜ行かなかったか、今となっては全く思い出せません。

とにかく「1人で就活を進めなければならない」と頑なに思い込み、
「やりたいこと」がないまま、とりあえず大手ナビサイトに登録して
手当たり次第いくつもの企業にエントリーする、という作業を始めました。

当時の企業を選ぶ基準がこちら。
①知っている・聞いたことがある  ②福利厚生が充実している  ③なんか楽しそう

・・・ひどい。「なんか楽しそう」って、雑すぎる(笑)
1人で抱えなければ、多分もう少しマシな動き方ができていたと思うのだけど…。

2、「とにかく就活やらなきゃ」がなぜ危険か

この基準で会社を選ぶと、就活で重要な「同業他社との比較」がしづらいですよね。

運よく書類選考をクリアしても
もし面接で、業界・仕事内容について掘り下げて質問されたら…答えられるわけがないんです。

そう、やりたいことが不明瞭なのに「とりあえず」の状態でエントリーすると
採用担当者を納得させられる応募書類を作るのが、非常に難儀。

何より、上記の3つの基準では、その会社じゃなければいけない理由がない
企業は「お客様のニーズに応える」ためにあるのに、自分のことしか考えてない

採用担当者の視点に立ったとき、このような学生は、必要とされるでしょうか?

そこまで考えが至らない当時の私は、
勝手に抱いた就活への恐怖感を拭えないまま
精神的に不健康になり、就活をやめてしまいました。

無論、これはダメ就活。
では、やりたいことがない、あるいは分からない場合、どうしたらいいのか。
思い切って、就職活動をお休みしてみてはどうでしょう?

3、業職種が絞れていないなら、一度立ち止まって考えてみる

「遅れを取ってしまうかも…」という不安も、いまは一旦見ないフリ。

1つの考え方ですが、無理に業種・職種から絞る必要はないと思ってます。

例えば、銀行や証券会社、保険会社などの金融機関でのアルバイト経験がある学生さんって
会ったことがないんですよねぇ。
(あ、いたら連絡ください!個人的に気になるので色々聞きたい!笑)

そう、「世の中には驚くほどたくさんの業界がある」と知るのが就活の時、という方が多い。

「さぁこれだけ用意したよー!どこの業界がいいかなー!?」なんて言われても、
「え、選べない…(・ω・;)」ってなる方が多いのも、無理はないんです。

やりたいことは分からない、業界地図はまぶしすぎて見えない…(xωx)
えぇぃ!それなら業界地図も後回しだ!

 

4、筆記用具と紙を用意!「方向性」を可視化しよう

脳内のモヤモヤを可視化するってすごく大事。殴り書きでも、絵で表現でも。
決まった方法なんてない!

ある説では、モヤモヤをただ抱えている状態が、1番解決から遠いんだとか。
まずは自分の状況、それに対する気持ち・考えなど、
何でもいいから、目に見える状態にするべし!

そして1度落ち着いたら、そのまま筆記用具を使って
次の5つのことを、1つ1つ考えていきますよ。
焦らなくていいけど、ある程度時間を区切りましょう。1回で全部やろうとしなくてもOKです。

①やりたくないことを考える

これ、別の機会に書きたいけど、すごく大事なの。1番大事かも。
単純に、やりたくないこと、これから先ずっとやれますか?ということ。

人生、意外と短いです。
10代~20代前半のみんな…30歳なんて、あっという間に来るよ…(経験者は語る)
その短い時間を、わざわざやりたくないことに捧げるのは、あまりに馬鹿げてる。

箇条書きでいいので、思いつくことを挙げてみる。
・自分は大企業には向いてないと思う
・人前で話をするのは本当に苦手
・スーツはあまり好きじゃない
↑例えば、こんな感じ。

これならサクサク思い浮かぶ、という人ももちろんいます。
やりたくないことから逃げるのは、自分を守ること、という人もいるけど
最初から「やりたくないと思っていること」に飛び込んでいく必要もないんだから。

ある程度やりたくないことを挙げられたら、それを踏まえて次の段階へ。

②アルバイト・部活・サークル・友達づきあいなど、普段の経験から考える

例えば、接客のアルバイトの場合。人と接することに慣れて、苦ではない思う方もいるかも。
事務職のアルバイトの場合。前線に立つ人を、裏方として支えることにやりがいを感じてない?

部活・サークルでの役職経験がある場合。組織を円滑に回すために、どんなことしてきた?
友達とイベントをやることが好きな場合。新しいことを考える発想力に長けてない?

今までの何気ない経験の中から、やっていて楽しいこと・向いていることに気づく可能性も!
「やりたいこと」と同時に、そういうところにも目を向けると、視野が少し広がるのでは?

③生活スタイルから考える

実家暮らし、1人暮らし。寮を備えた会社もあります。
知らない場所で、新たなチャレンジをすることも厭わないか、
慣れ親しんだ地元で働きたいか。

都会? 郊外? 田舎? UIJターンという選択肢だってあるんですよー!憧れる~(人´v`*)

④誰を相手に、どういうことをしている組織がいいかを考える

これは、②と③を考えてからがいいのかも?
簡単にいうと「誰のために働きたいか」ということ。

子どもなのか、子どもがいる親御さん・保護者なのか。
あるいは、会社勤めの人か、年配の方か。男性・女性・LGBTなどという選択肢も。
こうした視点で考えているうちに、他にも色々項目が出てきそう!
やだ~♪考えるの楽しい~♪

⑤働き方から考える

前項④で挙げた人たちと直接関わるかどうか、というところ。
要は、BtoC(消費者相手の仕事)か、BtoB(企業を相手に仕事)か。

また、地元をもっと元気にしたいか、日本全国・海外を相手に働きたいか。

あとは…そうですねぇ、内勤の時間が多い方がいいか、
外勤で、お客様と接しながら動き回るのが自分に合っているか。

 

・・・それぞれ、「これは違うかな」と思うことを書き残すのも重要。
こういうことを1つずつ明らかにすると、
興味のあること・掘り下げてみたいことが見えてきませんか?

思い描く対象の方に、どのようなアプローチで、どう関わるのか。
それができる業界・組織はどこなのか。

最初からやりたいことを捻り出さなくても、「方向性」は見えてくるはずなんです。

まとめ:焦ってもいいことない!
立ち止まって考えたり、周りに相談することも大事

いくつもの思い込みのもと、半ばムリヤリ取り組んだ就活は
私の心を短期間に崩壊させました…( ´-`)

それは「やりたいことはないけど、とりあえずやらなきゃ」と思い込み
誰にも相談せず、1人で進めてしまったことが原因だと、後悔してます。

結果的に、やりがいのある職に就けていても
当時誰かに相談していたら、無駄な遠回りをしなくて良かったかな、と感じます。
働き方の選択肢が増えてきた現代でも、新卒ブランドって、その時だけの特権だから。

このコラムが少しでも参考になっていれば幸いです。

そしてもし、考えていて壁にぶち当たってしまったら
遠慮なく、その不安を話しに来てください。
「やりたいことが分からない」とか、「分からないことが分からない」という状態でも、もちろんOK!

同じ壁を経験した人生の先輩として、その気持ちを受け止め、
一緒に考えるお手伝いができれば、私もとても嬉しいです。

今後のコラムでも、私が普段仕事していて思うこと、就活時代の懺悔などを
ゆる~く書き連ねたいと思いまーす。

 

会員登録はこちらから
マイページ(動画の視聴)はこちらから

書いた人:しごとの道しるべ 編集部 ハセガワマチコ
苗字が「ハセガワ」なだけで「マチコ」と呼ばれ四半世紀。新卒就活ドロップアウト経験者。暗黒時代を経て事務職として就職したはずが、パソコン講座の先生・高校生向け就活講座の講師・就活相談・イベント前説・最近はラジオパーソナリティなど経験し、最早事務職ではない。強み→人の名前(漢字)・顔・誕生日の記憶力。弱み→マルチタスクの波に飲まれがち。あまりフォロバしない奔放なついったーはこちら

KEYWORD

自己分析から面接対策、業界研究まで。就活の悩みを解消するコンテンツが盛りだくさん。
会員登録で、すべての動画の視聴や各種イベントへの参加が可能になります。