【事前にチェック!】会社説明会に参加するときに押さえたいポイント

先日の道しるべの質問箱にこのような内容の質問がありました。

 

たしかに、説明会や面接の待ち時間などでの態度によって評価されるケースがあるのも事実です。
(一部企業では、その態度も含めて点数化して評価することもあるそうで…)

とはいえ・・・
「説明会ではどんな点に注意して参加したらよいのか?」「服装はどうすればいい?」「持ち物は?」など
不明な点があるのではないでしょうか。

そこで今回は、会社説明会や面接に参加するときの注意点についてまとめてみました。

 

【目次】

1、説明会参加時の注意点・マナー
2、服装について
3、持ち物について
4、まとめ

1、説明会参加時の注意点・マナー

面接の待ち時間も評価項目になる企業があるのは先に述べたとおりですが、
実際には、説明会参加時から人事の方が評価している場合もあります。

選考ではないからといって要注意。説明会だからといって気を抜かず参加することが望ましいでしょう。

たとえ、大人数が参加する説明会だったとしても意外と目に映ったり、記憶に残るものなのです。

具体的に挙げるとすれば、以下の5つの項目は守りたいものです。

①遅刻をしない

基本的なルールかもしれませんが、受付開始までに余裕を持って会場に向かいましょう。
電車の遅延、会場が分からない、など不測の事態があるものです。もしも遅れる場合は電話で連絡を。

②携帯電話の電源は切っておく。

たとえマナーモードにしても、バイブ音は意外と気になります。
また、LINEの通知など予想外のところで冷や汗をかくかもしれません。
特に就活の時期となると、企業からの電話連絡が増えるので、
普段電話がかからないからといって油断しないように。

③挨拶は元気よく

どんなに会社説明会に参加してもはじめての企業に訪問するときは緊張するもの。
そんな時こそ元気よく発声することで、受付の方に好印象を残すだけでなく、
自分自身の緊張を解きほぐす効果があります。

大学名や名前をはっきりと伝えましょう。

④居眠りをしない

先ほども書いたように、説明会に意欲的に参加する人・気持ちが入っていない人は、
その人のリアクションを見れば分かるもの。

特に、居眠りをするのはNGです。
最悪の場合、受付の方が名簿と座席表を照らし合わせて、
居眠りをしている学生を特定することだってできてしまいます。

 

2、服装について

これからスーツを着て説明会に参加する機会が増えてきます。
注意したいのは、スーツの着こなし方だけでなく、シャツやインナーなど。
細かいところですが、ちゃんと見られています。

インナーは無地の白が必須

意外と多いのがインナーに白以外の色物を着ている学生。
プリント柄やロゴ入りTシャツを着ている方もたまに見かけます。
バレないだろう…と思っていても、すぐに分かります。そしてものすごく目立ちますので、ご注意を。

男性:靴下は黒または紺/女性:自然な色のストッキングがおススメ

男性注目!スーツにも関わらず、白色の靴下を履いてしまう方が多いです。
一般的には、統一感の無さからNGとされています。
オーソドックスに、黒または紺を選びましょう。

女性であればベージュ色のストッキングがベターです。

靴の色とベルトの色を合わせる

リクルートスーツであれば、黒色の靴が基本だと思いますが、
その場合はベルトの色も黒に統一しましょう。

ビジネスマンとしてみた場合は、靴の色とベルトの色を合わせるのが基本です。
どちらかがこげ茶色などはNGです。

自由な服装でお越しくださいの場合は?

ベターなのは、ビジネスカジュアルを選択することです。
男性であればジャケットとチノパン。
女性でもジャケットとチノパン、スカートという選択肢があります。

このようにいろいろと注意すべき点はありますが、
服装についてはこちらでも解説していますので、どうぞご覧ください。
【オタクのための就活講座】これだけでOK!オタク就活生最低限のファッションとは?

3、持ち物について

ここではあると便利な持ち物について解説します。
各企業によって必要な持ち物は異なりますが、常備しておくと何かと役立つアイテムをご紹介します。
ちなみに、カバンはA4サイズの書類が入るものがよいでしょう。

筆記用具(ペン・ノート・メモ帳)

会社説明会ではメモを取る場面がたくさんあります。
また、アンケート回答用に、ボールペンだけでなくシャーペン・鉛筆も併せて持っておきましょう。

スマートフォン

説明会会場までの地図、緊急時の電話番号など
最近ではスマートフォンで管理しているケースも多いでしょう。

会場に入れば電源を切るのがマナーですが、
会社HPなどを見て志望動機や質問を考える際にも役立ちます。

スマホ充電器・印刷した地図

もし移動途中にスマートフォンの充電が切れてしまってどこに行けばいいのか分からない…
そんなケース、意外とあります。
充電器を持ち歩いたり、会場の地図や電話番号などを用意しておきましょう。

印鑑・学生証

企業によっては、往復の交通費・大学への参加証明書を発行してくれるところもあります。
こちらも忘れずに。

 

他にも、資料をまとめるためのクリアファイルや、折り畳み傘などはあると便利です。
もちろん、エントリーシートや履歴書、成績証明書など、
会社指定の持ち物は、忘れずに用意しましょう。

4、まとめ

今回の記事では説明会参加時の基本的なポイントについて解説しました。
他にも、「説明会で質問した方がいい?」「質問NGな内容は?」など、いろいろと気になることはあるもの。
それについては、また改めてご紹介したいと思います。

会員登録はこちらから
マイページ(動画の視聴)はこちらから

 

書いた人:しごとの道しるべ 編集部
あなたの「明日」が変わる就活マガジン「しごとの道しるべ」のコンテンツ制作チーム。就活コラムやインタビュー記事など、さまざまな「しごとの道しるべ」をお届けします。

twitter:@4510_michi

関連キーワード:

KEYWORD

自己分析から面接対策、業界研究まで。就活の悩みを解消するコンテンツが盛りだくさん。
会員登録で、すべての動画の視聴や各種イベントへの参加が可能になります。